投資信託被害を避けるならパナソニックの株主優待銘柄を

投資信託はプロに資産を運用してもらうので、自ら運用するよりも良いだろうと思って投資をしてみたところ逆に損をしてしまって、投資信託被害にあってしまうことがあります。
特に証券会社などからすすめられてわけも分からず投資信託を購入したことで、投資信託被害にあってしまうということも少なくないため、このような場合自ら運用をして失敗をした時よりも納得が行かなかったりするものです。

そこで、投資信託被害にあわないためには自ら資産運用をするのが一番なのですが、それほど投資経験がないという人はパナソニックのような大型銘柄であったり、株主優待のある銘柄を選んでみると良いでしょう。
パナソニックは近年右肩上がりで株価を伸ばしていて、企業としての信頼性も高く市場の注目を集めやすい銘柄であるため値動きの予測もしやすいものとなっています。
また、パナソニックは配当もでるので多少株価が値下がりしても、配当を目的として保有をするスタンスでじっくりと株価が戻るのを待つこともできるので初心者には投資しやすい銘柄となっています。
同じように株主優待がある銘柄も長期保有には適していて、株主優待の中には配当以上に利回りが大きなものも少なくありませんから、そのような銘柄を選ぶことで株主優待だけでも株を保有している意味を持つことができます。
それに加えて近年は株主優待目当ての投資家が増えてきたため、優待のある銘柄というのは人気になりやすく株価が下がれば一定の買いが入りやすいものとなっているので、下値の不安が少ないものから大きな株価の下落をあまり心配すること無く所有をし続けることができるという利点があるので、これから自ら投資をしてみようという場合に株主優待がある銘柄を中心にチョイスしてみると良いでしょう。